optical control GmbH
インダストリー4.0対応

optical control は数年間にわたり非接触式のX-rayベースの部品計数に従事してきました。

関連会社、elektron systeme (電子部品とシステムを製造するフルサービスのプロバイダー)およびFraunhofer Institute ERZTとの協業でオプティカルコントロールは電子部品をカウントする業界初の自動X-rayスキャナーを開発しました。OC-SCAN®CCXの第三世代機が現在販売されています。ソフトウェアおよび機能は、継続的に製造業界の実際のニーズに適応しています。すべての追加的な開発は実際の生産条件下でelektron systemeによってテストされます。したがって、電子部品の生産サイドからの経験および希望は部品カウンターの開発に積極的に組み込まれます。

OC-SCAN®CCXは2013年に画期的な製品として世界へ提示されました。同システムは、有意かつ測定可能な方法でエレクトロニクス産業のために材料在庫管理工程を簡略化します。OC-SCAN®CCXは、生産性を向上させ、コストを削減し、部品安全性を改善し、作業負荷を低減し、また顧客満足度を上げるために効率的に使用することができます。

一方、同システムはインダストリー4.0 SMT生産での標準的機器として世界的にその存在を確立しました。

 

EMSのためのEMSから

elektron systemeとの協力は、非常に有益であると証明されました。

OC-SCAN®CCXは、同一施設内で開発および生産ができる利点からメリットを受けます。その結果、電子機器製造受託システム(EMS)産業は、そのサービスを最適化するために独自のイノベーティブな力を発揮します。

optical controlはヌレンバーグ近くのFranconian Weissenoheを本拠地にする、elsysko groupの子会社です。